2011年08月10日

外資系企業 コンサルティング業務で成功する条件

外資系企業コンサルティング業務転職を希望する方は多くなっています。


外資系企業コンサルティング関連業務への転職は、
どういった条件があるのか知りたいところですね。


外資系企業のコンサルティング関連では、
語学は上級レベルが必要です。


また、キャリア年数は3年、
実績はもちろん、資格やスキル、技術なども求められます。


さらに、コンサルティング関連は高いコミュニケーション能力が求められます。


それは、外資系企業においてのコンサルティング業務なため、
対人関係に対してのコミュニケーション能力が求められるためです。


そのため、コミュニケーション能力の他にコーチングの技術があれば、
なお有利といえます。


外資系企業のコンサルティング関連に求められるものは、
ロジカルシンキングであったり、
変化をいとわないことであったり、
成長を楽しめることやさらにステップアップしたいなどの希望を持っている人材です。


例えば、トレーニングスペシャリスト、顧客へのコーチング、
3次元CADトレーニングなど技術系のトレーナー、翻訳コーディネーターなどの
コーディネーターのような仕事があります。


コンサルティング関連ですから、
転職を希望する外資系企業にとって必要な人材であるかどうかを
今までの実績と人間性が重視されます。


外資系企業のコンサルティング関連業務はどういった職種があるのかを、
外資系企業転職紹介会社などで紹介されていますので、
チェックしてみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 09:12 | TrackBack(0) | コンサルティング転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。