2012年10月25日

外資系 技術転職 〜 グローバル化 その現状〜

外資系技術職の 転職の現状

今や グローバル市場において
付加価値が高い製品・独創的なアイデアなど より良きものというサービスの開発
求められています。


国内企業の空洞化が叫ばれている今日、
企業はエンジニアの求人対象を日本人に限定せず
中国、インド、韓国、ベトナムなど どんどん海外人材も取り込む動きになっています。

日本企業も 外資系企業もです。

技術系人材もグローバル市場で競争にさらされています。

特に 外資系企業は中途採用者の即戦力を求められます。
その最たるものが
エレクトロニクス(電気・電子系)技術者です。

電機メーカーだけでなく
自動車や医療機器メーカーなどの
異業種でもニーズが高く 化学系の求人ニーズも高くなっています。

さらにSNSのソーシャルメディア
そして クラウドコンピューティングなどによる
加速化する 進展に対応する IT・Webエンジニアも慢性的に不足しており、
メーカーを問わず幅広い業種に求人があります。


マネジメントレベルでも技術のわかる経営者は不足しており
CEO,CTO,CIOなどシニアマネジメント層から
組織の中核を担う層までテクノロジーと経営の双方の経験を積んだ経営人材は少ないのが現状です。


外資系企業ではさらにビジネスレベルの英語力が要求されるのでますます的確な
技術系経営人材は枯渇しているのが実態ですので
逆にいうと そこにチャンスがあります。


つまり、グローバルレベルでの技術革新の進展は
技術者にとっては 実や 自分を活かせる職種・職場をを選べるという
チャンスだと 考えていきましょう。

特に技術者は日進月歩のテクノロジーの発展に対応すべく
常に自分の技術キャリアを 磨き
最新の先端技術を身に付けて付加価値を高めておきましょう。


自分の強みを 客観的に 見つめながら
技術レベルをアップして 転職をしていきましょう。




posted by 外資系転職〜情報サイト at 06:03 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

技術系外資系企業転職でスキルアップをめざす

外資系企業ではスキルアップの条件が整っています。


あなた次第ではかなりのスキルアップも可能です。


外資系企業への転職を成功させて、
スキルアップと報酬アップを成功させましょう。


外資系企業へ転職を成功させるためには、
自分を客観的にチェックし、
どういう点が企業へ貢献できるか、
どういった形で役立つことができるのかをしっかりと見ることが大切です。


自分にアピールできる点が多ければ、
転職成功へ有利にすすめることができます。


外資系企業転職紹介会社では実際に外資系企業への転職を成功させた、
成功者例なども紹介されていますので、
どういった感じで転職に成功し、
高収入を得ることに成功したのかをしっかりチェックしておきましょう。


★技術系外資系企業高収入職種例

◆開発エンジニア/マネジャー  
報酬 900万円〜1200万円

◆Unix Kernel Developer / Cutting Edge Technologies  
報酬 1000万円〜1400万円

◆エンジニアリングマネージャー  
報酬 800万円〜1100万円

◆Meter Systems Engineer (T&D)  
報酬 1000万円〜1500万円

◆Work with Global Technology Leader  
報酬 1100万円〜1400万円

◆シニア設計エンジニア  
報酬1000万円〜

◆外資系自動車部品:欧州系コンバーチブルルーフシステムの開発・製造
品質保証マネージャー  
報酬 1000万円〜

◆Meter Systems Engineer (T&D)  
報酬 1000万円〜1400万円

◆バイオテクノロジー事業部 マネージャー  
報酬1000万円〜1500万円


高収入を提示している技術系の外資系企業は数多く存在します。


自分がもつ能力を生かすことができる外資系企業への転職を成功させて、
高収入をゲットしましょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 20:08 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

土木、技術系の外資系企業で高収入を得るには

外資系企業への転職と聞くとIT関連や金融系が多いイメージが強いものですが、
技術系の企業も優秀な人材を募集しています。


他の業種に比べて求人が少ない場合も多いのですが、
優良な外資系企業への転職を検討している場合はチェックしてみましょう。


土木や施設、設備系の資格や実績は技術系の外資系企業へ転職の際に、
しっかりアピールすることができます。


高い報酬を望む場合や、
スキルアップを望む場合は外資系企業への転職を検討してみましょう。


◎外資系土木・設備会社の求人例

◆外資系設計事務所での建築工事監理業務、CM業務   
一級建築士、技術士、建築設備士
 年収800万円


◆外資系ホテルや商業施設のインテリアデザイナー
インテリア業務経験者または、インテリア監理業務経験者
年収 800万円


◆外資系オフィスの設備設計コンサルタント
 オフィスの新規・改装プロジェクトにおける設備(空調・電気関連)設計またはマネージメント経験者
 年収1000万円


◆外資系設計事務所での建築積算技術者
一級建築士、二級建築士、建築積算資格者、コスト管理士、CCMJ等の資格がある方
年収1200万円

など、あります。


あなたのもつスキルや資格などにぴたりとあう企業を探し、
高収入、好条件での転職を成功させましょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:00 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。