2012年10月22日

外資系転職〜外資系銀行・外資系邦銀シティバンク銀行


今日は 外資系の銀行業界について書いていきます。

外資系銀行・外資系信託銀行が日本に進出しています。
日本に法人を設立しているのではなく、東京支店、在日支店という形で進出しています。

その中でも シティバンク銀行株式会社(シティバンクぎんこう、英文名称:Citibank Japan Ltd.)は、
米国シティグループ傘下でシティバンク、エヌ・エイの日本法人として新たに設立され、
2007年7月1日に開業(営業開始は、翌7月2日)した銀行です。


ですので、いまやシティバンク銀行は、外国銀行ではなく、
(かつては長期信用銀行であったが普通銀行に転換した)新生銀行やあおぞら銀行と現状では同一の
外資系邦銀でです。

その経緯は
1998年10月 シティバンクは保険のトラベラーズと合併し 
       シティグループとなり世界の最大クラスの金融グループへ

1902年    日本初進出の最初に支店を開設したのは
       横浜

2007年    開業当初は、従前からのシティバンク在日支店の
       受け皿銀行としてスタートし
       開業後に新たに拠点を増やすとともに
      金融持株会社、シティグループ・ジャパン・ホールディングス株式会社
      (後の日興シティホールディングス)の子会社となる予定としてきました。

開業後最初の営業日となった2007年7月2日には日本法人化後初の支店として浦和支店が、
続いて、首都圏2支店1出張所、関西2支店がたて続けに開設されています。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 05:39 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。