2012年10月02日

憧れの外資系企業を目指す!

憧れの外資系企業にを転職を希望される人も
多いと思います。

以前は 外資系企業は敷居が高くて 門戸が狭いイメージがありましたが、
出資だけにとどまらず M&A(合併・買収)などにより
外資系企業が 日本にもかなり増えてきており
一般的には 外資51%以上が 外資系企業となります。


外資系企業へ抱くイメージは どのようなイメージでしょうか。

特に女性にとっては 男女平等で 責任ある仕事を任せてもらえ
いきいきとおしゃれに
そして 給料も平均より多くもらえ 長期休暇など 福利厚生面も
手厚いというイメージがあります。


ただ、
日本でも 修身雇用神話が崩れましたが
外資系企業では 終身雇用の考えはありません。

また 能力主義で 成果をだすことに重点を置きますので、
とても厳しくもある反面
実力のある人には どんどん昇格もあり、
報酬も多く やりがいのある職場のようです。


英語については ITや 金融業界においては
かなりのレベルが要求されることがありますが、
日本人ばかりの流通業・サービス業といった職種では
外資系企業といえども 英語力が問われないこともあります。

その企業の社風の情報を 収集し 自分なりに必要なスキルを磨いておくと
いいですね。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 22:01 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。