2011年12月16日

外資系転職、英語スキルはどの程度必要?

外資系企業への転職を検討している方は増えています。


外資系企業への転職に必要なスキルとして英語は必須というイメージが強いものですが、
実際にはどの程度の英語スキルが必要とされるのでしょうか。


外資系企業への転職を検討する際に外資系企業転職紹介会社などで掲載されている求人情報などをチェックします。


その際に、英語のスキルについても掲載されていますので、
自分のレベルにあった企業を選ぶことは可能です。

とはいえ、高い英語力を求められたら転職できないというイメージが強いものですが、
英語スキルについて明記していない企業も多くなっています。


また、日常会話ができる程度であっても外資系企業への転職は可能です。


メールや電話の対応であればTOEIC600点程度であれば可能といわれており、
交渉を行うとなるとTOEIC700点以上を求められます。


とはいえ、TOEICの点数だけが高くても実際に使うことができない場合も多いため、
外資系企業への転職を念頭に英語スキルをアップさせるのであれば、
使える英語を身につける必要があるといえるでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:23 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。