2011年12月16日

外資系企業の事務系転職成功で高収入を得る

国内の企業でも事務系の仕事は人気がありますが、
外資系企業でも同様で事務系の仕事は人気があります。


とはいえ、外資系企業では事務系の求人は少ないイメージがありますが、
秘書や人事関連の仕事の経験年数があり、
スキルや資格があれば外資系企業では様々な職種への転職が可能です。


例えば、
・人事ジェネラリスト
・人事マネージャー/ディレクター
・オフィスマネージャーセクレタリー
・パーソナルアシスタント
・グループセクレタリー/アシスタント
・エグゼクティブセクレタリー/アシスタント
・研修・開発スペシャリスト
・採用スペシャリスト
・報酬・福利厚生スペシャリスト

など事務系や秘書、人事系の求人は多数です。

特に優秀なセクレタリーは多くの外資系企業で募集していますので、
求人情報の数も多いと言われています。


外資系企業への転職を念頭にセクレタリー関連の資格を取得しておくと、
特に女性にとっては外資系企業への転職にかなり有利になるといえるでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 11:22 | TrackBack(0) | 事務転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。