2011年12月13日

外資系転職成功には高い語学力と第3の語学

外資系企業と聞くと英語が必須というイメージが強いものです。


もちろん、語学力が高ければ転職可能な外資系企業の幅はぐんと広がります。


そのため、語学力を高めておくことは大切ですが、
語学力が必要のない外資系企業も存在します。


現在では英語圏だけでなく、
東南アジア系の企業も多く国内に存在していますので、
英語だけでなく中国や韓国、ヒンディー語やネパール語、アッサム語なども勉強しておくといいでしょう。


特にアジア系の語学を上手に話すことが出来る方はまだまだ少ないと言われています。


そのため、アジア系の語学力に強ければ特にアジア系の外資系企業への転職は有利といえます。


とはいえ、国内の企業でも公用語を英語に定める企業も多くなっています。


企業の中には国内の企業であってもTOEIC600点以上を求める企業が多くなっています。


そのため、TOEIC600点以上の語学力は必須になってきたと言えるでしょう。


外資系企業への転職を有利に進めるためには、
高い語学力は必須といえます。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 11:17 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。