2011年12月09日

外資系企業の休暇の状況とは

外資系企業への転職がクローズアップされるようになりましたが、
外資系企業への転職を希望する方が増えているのは年齢に関係なく、
実績をあげることができれば報酬や年収アップをのぞむことができるためです。


国内の企業の場合は年功序列とよばれる制度のもと、
勤続年数が長い年齢の高い方から年収が上がる場合がほとんどですが、
外資系企業では実力主義のため、実績や実力、能力で報酬の交渉を行うことができ、
希望する報酬を決めることが可能です。


自分の能力をアピールし報酬を交渉できますので、
自分のもつ実力に見合った収入を得ることができます。


また、外資系企業では長期休暇を取得することも可能です。


国内の企業では長期休暇を取得する場合は、
席がなくなっていることに対して覚悟が必要な場合がありますが、
外資系企業では1ヶ月の長期休暇は当たり前です。


また、長期休暇だけでなく育児休暇などの休暇制度はしっかりしているため、
出産後も働きたい女性にもぴったりです。


仕事とプライベートをしっかりと分けてメリハリのある仕事をしたい場合は、
外資系企業への転職を検討してみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 11:31 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。