2011年12月07日

外資系転職成功で30代でも年収1000万円超

不景気と言われている現在ですが、
30代・40代の平均の年収は450万円から500万円と言われています。


国内の企業では年功序列という制度の元、
長い期間働いた方や年齢が高い方が報酬や年収が高いもので、
若い場合は年収などで勝てる見込みは低いものですが、
外資系企業では実力主義、実績主義ですので、
若い方であっても実績を上げることができれば報酬・年収アップを望むことが可能です。


そのためか、自分の力を試すことができ、
年収アップをのぞむことができる外資系企業への転職を検討する方は増えています。


外資系企業では自分次第で年収1000万円以上も夢ではありません。


また、国内では30代の平均年収は450万円ですが、
外資系企業へ転職を成功させ、
実績をあげることができれば年収1000万円以上も夢ではないのです。


実力やスキル、資格などがあり、
実績をあげることができれば、
好条件での転職も可能です。


自分の実力を試して見たい場合は外資系企業への転職がおすすめです。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 12:04 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。