2011年11月04日

外資系不動産関連で年収1000万円以上を得るには

外資系企業では年収1000万円以上を得ている方が多いと言われています。


そして、実際に日本人であっても外資系企業で活躍し、
年収1000万円以上を得ている方は大勢います。


外資系企業で年収1000万円以上を得るには、
金融関連でないと無理だと思っている方がとても多いのですが、
不動産関連の外資系企業でも年収1000万円以上を得ている方は多いのです。



例えば、Acquisition Associate/Managerの場合は、
年収1000万円〜要相談。


Desktop Financial Application Developer/Salesは、
年収1000万円〜要相談。

Associateは年収1000万円〜1300万円。


Senior Asset Managerは年収1100万円〜1400万円。


Asset Managerは年収1000万円〜1400万円。


Business Development Associateは年収1200万円〜1400万円。


Intermediary Sales(ITM Sales)は年収1500万円〜2000万円


Head of Investment Managementは年収2000万円。


【外資系・資産管理】マネージャー アセットマネジメントは年収1200万円〜1600万円。


Director, Corporate Facilities &Leasingは年収2000万円〜2500万円などです。


外資系企業では経験を考慮するという場合も多く、
あなたのスキルや実績によってさらに高収入を得られるかもしれません。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:19 | TrackBack(0) | 不動産転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。