2011年11月04日

外資系転職、金融系で年収1000万円以上を得る

外資系企業でもっとも高い報酬を得ることができるのは、
やはり金融系です。


とはいえ、外資系企業金融系への転職は厳しいと言われていますが、
まったく転職できないかというとそうではないといえるでしょう。


例えば、金融系でも個人を対象にした企業ではなく、
法人向けの業務であれば、
即戦力として働くことができる優秀な人材を求めています。


そして、コンサルティングを得意としている方であれば、
法人向けの金融系コンサルティング関連業務を行う企業で
良い条件と高い報酬を得ることができる好条件で転職することも可能といえるでしょう。


例えば、アセットマネージャーでは1000万から1500万円、
Head of Financeでは、1000万円から1500万円、
M&A Consultingでは、1000万円から1600万円、
Accounting Managerでは、1000万円から1200万円、
マーケティング部アソシエイトでは、900万円から1500万円
Commodity traderでは、1500万円から6000万円、
戦略企画・推進Leaderでは、1000万円から1500万円、
Head of Human Resourcesでは、1200万円から1600万円


と高収入を得ることができます。


今では外資系企業の金融系の転職を專門に行なっている
外資系企業転職紹介会社もあり、
アプローチの方法から履歴書の書き方や様々な交渉などを行なってくれますので、
興味があるかたは金融系を專門に扱っている外資系企業転職紹介会社をチェックしてみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 14:19 | TrackBack(0) | 金融転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。