2011年11月02日

外資系転職の幅が広がる語学とは

外資系企業への転職を希望するにあたって、
どういったスキルがあればいいのかとても知りたいところですね。


外資系企業と言われるからには語学力が高ければ高いほど有利といえます。


もちろん、外資系企業の中には語学力を必要としない企業もありますが、
社内で使用する言葉は英語、取引先での会話も英語という場合がありますので、
英語力は高いほうがよいといえます。


英語の語学力が高いという目安はTOEICで750点以上です。


日常会話はもちろん、専門用語で説明できれば一番ですので、
外資系企業への転職を考える場合はTOEIC750点以上を目指しましょう。


また、この頃は英語圏の企業だけでなく、
東南アジア系の企業も多くなっています。


そのため、東南アジア系の語学を話すことができれば外資系企業への転職の幅が広がります。


中国語やインドの公用語であるヒンディー語を身に付けておくと転職にも有利な上、
高収入を得ることができるチャンスを得ることができます。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:37 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。