2011年10月11日

外資系転職 コンサルティングで活躍!

外資系企業には様々な職種があり、
スキルや能力、実績次第で年収や報酬アップがのぞめます。

そして、各職種にはコンサルティング業務もあり、
専門家として活躍を希望する場合や、
企画や立案などに携わりたい場合、
各職種のコンサルティング業務への転職を検討してみるといいでしょう。


コンサルティングと聞くとIT関連や金融関連が多いというイメージが強いものですが、
IT関連のコンサルティング業務も、ITシステムコンサルタント、ITセキュリティコンサルタント、
ITネットワークコンサルタントなど様々な業務があります。


また、人材紹介コンサルティングや人事コンサルティング、
マーケティングや財務、会計コンサルティング、
経営、戦力コンサルティングなど様々なコンサルティングの職種がありますので、
どういったコンサルティングがむいているかをチェックし、
転職を検討しましょう。


例えば、人事コンサルティングでは、人材紹介業やヘッドハンティングの経験者を対象に募集しており、
年収500万円から850万円以上を得ることが可能です。

また、生命保険・損害保険のコンサルティング業務として、
採用計画案の作成と実行や採用業務に関わる社内外コーディネートおよび一連の事務業務では
年収800万円から1000万円が可能です。


スキルや経験などを生かし、
コンサルティング業務での活躍で年収、報酬アップを目指しましょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 12:27 | TrackBack(0) | コンサルティング転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。