2011年09月30日

外資系転職 技術系で年収1000万円以上!

転職で高収入を得たい場合、
やはり外資系企業への転職が一番の近道といえます。


外資系企業では実力主義ですので、
スキルがあり実績をあげることができれば、
高収入を得ることも難しくありません。


そして、技術を持っている方であれば、
外資系企業の専門職でエグゼクティブ待遇やトップクラスでの活躍も夢ではありません。


そして、プロフェッショナルとして迎えてもらうためには、
あなたがもっている技術をしっかりアピールすることが大切です。


技術系の外資系企業の高収入例として、


◆開発エンジニア/マネジャー  報酬 800万円〜1200万円 
◆エンジニアリングマネージャー  報酬 900万円〜1200万円
◆シニア設計エンジニア  報酬1000万円〜
◆Meter Systems Engineer (T&D)  報酬  1000万円=1400万円
◆Unix Kernel Developer / Cutting Edge Technologies  報酬 800万円〜1400万円
◆バイオテクノロジー事業部 マネージャー  1000万円〜1500万円
◆【外資系自動車部品:欧州系コンバーチブルルーフシステムの開発・製造】 品質保証マネージャー  報酬 1000万円〜
◆Work with Global Technology Leader  報酬 1000万円〜1200万円


などです。

外資系企業の技術系の場合は、
実績やスキルはもちろん、
やる気などをアピールすることができれば、
高収入を得ることも夢ではないといえるでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 21:11 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。