2011年09月30日

外資系企業と語学力

外資系企業への転職を成功させるには、
やはり高い語学力が求められます。


もちろん、語学力を必要としない外資系企業も存在します。


とはいえ、トップクラスでの活躍を希望する場合や、
報酬アップ、スキルアップを目指す場合は語学力を高めておくといいでしょう。


外資系企業への転職時から語学力が高ければ一番ですが、
そうでない場合でも仕事をしながら勉強することができますので問題ありません。


外資系企業へ仕事をするために入社するわけですから、
英語ができなければ仕事ができないというわけではありません。


英語ができれば外資系企業の株主の国への出張などの参加も可能ですから、
楽しみが増えるかもしれません。


また、語学力を高めるといってもどの程度高くすればいいのかというと、
TOEICの800から900点程度は必要です。


ビジネスの英語として800点だいは基本といえ、
会議の議論についていくためにはさらに英語力をアップさせる必要があります。


この頃はビジネス英語を学ぶ事ができる教材も多くなっていますので、
外資系企業で仕事をしながら英語を勉強するといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 18:58 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。