2011年09月02日

外資系企業金融系が求める人材とは

サブプライムローン問題発生後、
世界規模の金融不況の時代に突入してしまいました。


外資系の金融機関の信頼が失墜し、安全といわれる日系金融機関の
評価が高まっています。


そのことが転職市場にも大きく影響しています。


外資系金融転職の求人は、
ほとんどないような状況が続いてるようです。

それぞれの外資系金融機関のホームページ上には求人が載せてありますが、実際には
見せかけだけのものになっているものも少なくないようです。


数ある
外資系金融の仕事の中で、人気のある外資証券業務と外資信託銀行
について調べてみました。


■金融転職:外資証券業務
株式、債券、デリバティブなどの商品売買に関するアシスタント
業務がおもとなる業務です。


証券を売買するフロント業務(トレーダーやセールスアシスタント)と、
バックオフィス業務(約定入力や契約書などの作成)があります。


アナリストアシスタントと呼ばれる調査部の業務になるとは資料作成が
主な仕事になります。


外資証券業務に金融転職希望の時に求められるものは?
語学力(TOEIC800点以上)OAスキル(PowerPointやExcel)
アナリストアシスタントには、PowerPoint、Excel、Wordの業務経験
が必須。


■金融転職:外資信託銀行業務
主に顧客から預かった土地や株式などの資産を管理・運用する業務です。


金融商品を扱うところと不動産を扱う部署が分かれており、それぞれ
の業務に適した知識や経験が問われるようです。


外資信託銀行業務に金融転職希望の時に求められるものは?
ここで重要視されるのは経験です。

そのほかOAスキル(PowerPoint、Excel、Word) も必須です。


他に英文読解力も必要になります。
ブランドバッグの最新売れ筋情報 レディース ブランド財布 のお買い得情報 美顔器 光エステの通販お勧めはここ!


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:49 | TrackBack(0) | 金融転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。