2011年09月02日

外資系企業で求められる語学力の高さとは

外資系企業への転職を念頭に置いて、
語学を勉強している方も少なくありません。


また、このごろでは大学の教育の中でTOEICに力を入れているところも多くなり、
英語力が高くTOEICでも高い得点を取ることができれば、
外資系企業への転職を検討するといいでしょう。


外資系企業で求められる英語力とは、
日常会話程度はもちろん、
転職を希望する職種の専門用語や専門の知識などを英語で説明できることが求められます。


それらが十分であり、
かつ実績をあげることができれば、
高収入への道は近くなるといえるでしょう。


外資系企業転職紹介会社で提示されている転職先でも、
TOEICの得点が高い方が提示される転職先が多いと言われています。


また、英語力が高ければ、
外資系企業への転職の際に必要な英語の履歴書や英語カバーレター、
英語面接なども苦労することなく作成することができます。


とはいえ、英語ができなければ外資系企業への転職ができないわけではなく、
レベルに応じた転職先は紹介してもらえますので、
外資系企業転職紹介会社をチェックしてみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 12:39 | TrackBack(0) | 事務転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。