2011年08月29日

不動産関連の外資系企業へ転職成功で年収1000万超!

この頃は世界的に不景気と言われています。


そして、日本の不動産関連企業は厳しい状態であると言われています。


ところが外資系企業転職を成功させて違う人生を進んでいる方も多くなっています。


不動産関連企業は不景気なため、就職も転職も厳しいイメージが強いものですが、
外資系企業へ転職を成功させて年収1000万円以上の収入を得ている方も少なくありません。


例えば、投資戦略の企画立案業務 年収1000万円、
財務戦略コンサルタント 年収1500万円、
Acquisition Associate/Manager 年収1000万円、
Acquisitions Associate 年収1500万円、
Top Facilities & Leasing Director role 年収2000万円 ~ 2500万円、
アクイジション 年収1100万円、
Project Manager 年収1100万円、
アセットマネジャー 年収1200万円、
Tenant Representative 年収1200万円などです。


不動産関連の外資系企業では、
不動産はもちろん、プライベートエクイティ、銀行、証券会社などで
5年以上の関連業務での経験や不動産投資事業で3から5年以上の経験、
日本の不動産市場や金融市場などの知識がある人など、
いずれかの条件を求められます。

そして、語学力が高いことはもちろん、
コミュニケーション能力や分析、プレゼンテーションスキルなども面接でチェックされています。


あなたにぴったりの外資系企業を見つけて転職を成功させましょう。



posted by 外資系転職〜情報サイト at 16:54 | TrackBack(0) | 不動産転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。