2011年08月26日

30代でも年収1000万円以上を得ることができるIT関連の外資系企業

外資系企業とはいえ、様々な職種が存在します。


国内の企業の場合は、30代の年収は平均400万円から600万円と言われています。


外資系企業ではあなた次第で年収800万円から1000万円以上を得ることも難しくありません。


また、外資系企業のIT関連業界では、
システム運用やテクニカルサポート関連で30代の方でも転職を成功させて、
高収入を得ている方も少なくありません。


外資系企業では即戦力を重視します。


そのため、あなたの実績が認められれば高収入を得ることも難しくないといえます。


例えば、Sales Manager/Director
年収1500万円以上


エンタープライズビジネス 戦略企画&推進Leader
年収 1200万円 ~ 1500万円


Deployment Expert Specialist
年収 1200万円 ~


Expert Specialist
年収 1200万円 ~


Sybase Developer
年収  800万円 ~ 1200万円


シニアアプリケーションエンジニア
年収 900万円 ~ 1200万円


債権・金利デリバティブITサポート
年収  800万円 ~ 1200万円


ITプロジェクトマネージメント
年収 1000万円 ~


Financial Services Support role
年収 800万円以上


APJ eStore Manager
年収 800万円 ~ 1000万円
などです。


あなたの希望する職種をチェックし、
外資系企業への転職を検討してみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 12:27 | TrackBack(0) | 外資IT転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。