2011年08月18日

外資系企業の派遣社員として年収450万円以上得るには

外資系企業転職してみたいけど、
仕事を続けられるかどうか不安だという場合や、
外資系企業とはどういったものかを知った上で正式に働きたいと希望する方は多くなっています。


いきなり社員として外資系企業への転職が成功できたとしても、
続かなくては意味がありませんね。


そこで正社員ではなく派遣社員として応募してみるといいでしょう。


この頃は正社員としてはもちろん、
派遣社員として募集、採用している外資系企業も増えてきているようです。


外資系企業では派遣社員と社員の待遇が同等というところも多いため、
正社員にこだわらなくても高収入を得ることが難しくありません。



また、外資系転職紹介会社でも派遣社員を募集している企業を紹介していますので、
希望の企業をチェックすることが可能です。


さらに、外資系企業への転職を希望するのは男性が多いと思われがちですが、
女性でも希望する方は多くなっています。


多くの女性が希望する外資系企業の事務関連も派遣社員として募集している場合が多いと言われていますので、
有利な条件で探したい場合は、派遣社員を選択することもひとつの方法といえるでしょう。


高収入がのぞめる外資系企業転職先として


International Legal Secretary
給与情報 450万円 ~ 800万円


Challenging Management role in Finance
給与情報 900万円 ~ 1300万円


Facility Assistant Manager
給与情報 600万円 ~ 800万円


ジュニア・マネージャー
給与情報 600万円 ~ 750万円


法務(海外)
給与情報 600万円 ~ 800万円


法務部門責任者クラス
給与情報 700万円 ~ 1200万円


などです。


派遣社員として募集している外資系企業は多いと言われています。


希望する場合は外資系企業転職紹介会社をチェックしてみましょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:59 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。