2011年08月18日

建築、土木関連の外資系企業への転職法とは

外資系企業と聞くと、
金融系やIT関連、事務系といった職業をよく耳にしますが、
建築系土木関連外資系企業も多く存在します。


そのため、建築、土木関連で収入アップを希望する場合は、
外資系企業への転職を検討するといいでしょう。


外資系企業では実力主義な上、
即戦力を求めています。



そのため、建築、土木関連で高い技術を持っている方であれば、
外資系企業への転職はそれほど難しくないといえるでしょう。


また、一級建築士の資格や土木関連の資格を取得している方は、
そういった資格を持っている方を希望している外資系企業は多く存在しますので、
自分の技術をどれくらい生かすことができるかを試してみるといいでしょう。


建築、土木関連で高収入を得ることができる職種として


職種  輸送コーディネーター
年収  700万円 ~ 1000万円


職種  Project Manager
年収  700万円 ~ 1200万円


職種  コスト・エンジニア
年収  700万円 ~ 1100万円


職種   国際プロジェクト推進&プランニングLeader 
年収  800万円 ~ 1500万円


職種  Electrical Design Engineer
年収  800万円 ~ 1100万円


職種  Electrical Design Engineer
年収  800万円 ~ 1100万円


などで、いずれも700万円以上の年収を得ることができます。


建築系、土木関連の外資系企業情報は、
外資系転職紹介会社のホームページでも掲載されていますので、
希望する場合はチェックしてみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 15:58 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。