2011年08月05日

外資系企業と面談の形

外資系企業への転職に重要な英語面接ですが、
行われる形は企業によって異なります。


行われる形や企業が行う質問は、
それぞれで異なりますから、
しっかりと下調べを行い、
英語面接にのぞみましょう。


例えば、Screening Interviewという形で行われう英語面接は、
一次面接で外資系企業の人事の担当者があなたの英語の履歴書やカバーレターに掲載した内容を
確認するために行われる面接です。


そして、ただ、面接を行うだけでなく、
転職を希望する方を集めて、
顔などをチェックし大雑把にふるい落とす面接でもあると言われています。


そのため、この形式で行われた面接を通るためには、
企業側がほしいと思っている答えを把握し、
簡単にわかりやすく回答することが大切です。


次にStructured Interviewとよばれる面接の形ですが、
この面接は転職を希望している他の方との違いを企業側が把握するために行われるもので、
事前に面接官から質問が用意されており、
その質問にのっとった面接がおこなわれます。


転職を希望して応募した方全員に同じ質問が行われ、
その違いがチェックされています。


そのため、あなたと他の方の違いをアピールできる場ともいえます。


自分の他の方との違いをしっかりアピールすることができ、
あなたの持つスキルや実績、実力など、
どれくらい企業へ貢献できるかをしっかりとアピールしましょう。


どういった形の面接が行われるかは事前に外資系企業の担当者に
確認し、詳細を把握した上で英語面談をうけるといいでしょう。


便利なキャッシングを賢く利用しましょう。



posted by 外資系転職〜情報サイト at 09:15 | TrackBack(0) | 事務転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。