2011年11月24日

自分にむいている外資系企業をチェック

外資系企業への転職を検討する方は増えています。


そして、国内に様々な国の外資系企業が存在します。


自分の力がどの程度通用するか挑戦してみたい方や、
語学力に自信がある方は外資系企業への転職を検討してみるのもいいでしょう。


外資系企業への転職を成功させ、
実績をあげることができれば年収1000万円以上を得ることは難しくありません。


さらに転職前に報酬の交渉をしっかりと行なっておけば、
好条件での転職も可能です。


多くの外資系企業では大学卒業はもちろん、
大学院以上の方を希望していますが、
英語ができ、自分をアピールすることができれば、
資格などは入社した後からでも取得な上、
スキルアップも臨むことができます。


また、外資系企業と聞くと東京や大阪などの大都市のみというイメージが強いものですが、
仙台や札幌など地方にも数多く存在していますので、
地方に住んでいても外資系企業への転職を成功させることは可能です。


地元の外資系企業への転職も難しくありませんので、
外資系企業への転職を検討する場合は、
どういった職種が自分にむいているのかなどをしっかりとチェックしましょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 11:11 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

外資系転職で平等を手に入れる

外資系企業への転職を検討する理由に報酬や年収をアップさせたいと考える方は多いでしょう。


外資系企業への転職成功後に得られるものはそれだけではありません。


外資系企業のメリットとは年齢を重ねた方も、
若手と言われる世代の方も関係なく平等であるという点です。


国内の企業では多くが年功序列という制度の下、
あらゆる格差が目立ちますが、
外資系企業では実力主義、実績主義ですので実力があり実績をあげることができれば、
トップクラスでの活躍はもちろん、
年収や報酬アップを望めます。


そのため、年齢を重ねて長い年月を働いている方が報酬が高いというイメージが強い国内の企業に比べて、
限りなく平等であると言えるでしょう。


そのため、20代から30代のいわゆる若手、若年層の方たちには外資系企業への転職は大きなメリットになるといえます。


この頃では国内の企業においても、特にIT 関連の分野では20代や30代の社長は珍しくなくなりました。


とはいえ、こういったケースはあくまで最初から会社を立ち上げた方のみで、
転職を成功させ、いきなり社長業に上りつめるということはあまり多くないといえるでしょう。


外資系企業の場合は、転職したばかりの方であっても、
実力や能力があり、実績を出すことができればいきなりトップクラスでの活躍も可能です。


また、日本独特の暗黙の了解やタブーなどは存在しませんので、
とても自由であるといえます。


日本特有のしがらみにとらわれず自由に自分の能力を発揮できる職場を希望する場合は、
外資系企業がぴったりといえます。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:43 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業転職は将来性を図る

外資系企業への転職を検討するポイントのひとつに、
自分がもつスキルや資格などを生かすことができるかどうかも大切ですが、
転職先の企業の将来性についてもしっかりとチェックする必要があります。


外資系企業と言われる企業ですから、
本社などは海外にあることがほとんどですので、
実際に本社を見ることは難しいため、
データのみで将来性があるかどうかをチェックしなければいけません。


実際、その国の経済事情とその国に存在する会社の経済事情が同じかどうかはわかりませんので、
将来性をチェックすることはとても大変です。


例えば、アメリカですが、アメリカでは金融危機が叫ばれて長いですが、
アメリカに存在するすべての金融会社が危機というわけではありません。


また、アメリカの経済状態が危機と言われているからといって、
アメリカ系の保険会社の景気が悪いかというとそうとも限らないのです。


それでは将来性を図ることができないと言われればそうですが、
多くの外資系企業ではグローバルな展開をしている企業が多いため、
国内に存在する企業に比べれば将来性は期待できるといえるでしょう。


ただ、逆に買収なども多く行われていますので、
買収されて吸収合併し、部署が削減されてなくなってしまう可能性はあります。


そう考えれば少なくとも外資系企業であってもデメリットは存在するといえるでしょう。


外資系企業への転職のメリット、デメリットを考えて、
外資系企業への転職を検討するといいでしょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 16:42 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。