2011年11月30日

ここをチェックして英語面接成功!

外資系企業での転職先がきまり、
次は、英語面接ですね。


外資系企業においての英語面接は、
日本企業の面接と異なる点もあります。


英語面接での最初の自己紹介においては、
自分のキャリアやバッググラウンドを手短に1〜2分ほどにまとめて、
いかに効率よく自己アピールするかをチェックしておくといいでしょう。


面接官からの質問に対しては、
あいまいな返答はしないように気をつけましょう。
企業側の質問に答えながら、プラスして自分こう考える、
もしくは、自分がその場合こういうことを疑問に思うのだがなど、
必ず、自分の意見をプラスする返答の仕方が好まれます。


また、面接を受ける際の準備として、
転職しようとしている外資系企業
ポジションについての情報をしっかりとらえておくべきです。


転職したいポジションの業務の責任の範囲や、
会社内での役割の確認をしておき、業績の定め方など、
積極的に質問し、その中で自分のできることをアピールしていきます。


外資系企業側の業績の中で、
自分のキャリアとリンクさせて、いかに自分が貢献できるか、
今までのキャリアの中で自分が関わって成功させた事業例などを具体的に説明し、
積極的に自分のスキルとキャリアをアピールすることです。


このやり取りの中で、報酬の交渉を行えると、
上限に近い報酬をゲットすることも可能です。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:30 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土木・設備・建築系外資系転職成功で報酬アップ!

建築系土木や設備会社でがんばってきたけど、
日本企業は不況で、高収入が見込まれる外資系企業転職を狙っている方、
他業種よりは少ないとはいえど、優良な外資系企業はあります。


◆外資系ホテルや商業施設のインテリアデザイナー
インテリア業務経験者または、インテリア監理業務経験者


◆外資系オフィスの設備設計コンサルタント
オフィスの新規・改装プロジェクトにおける設備(空調・電気関連)設計またはマネージメント経験者


◆外資系設計事務所での建築工事監理業務、CM業務   
一級建築士、技術士、建築設備士


◆外資系設計事務所での建築積算技術者
一級建築士、二級建築士、建築積算資格者、コスト管理士、CCMJ等の資格がある方

など、


一級建築士の資格があったり、建築関係の資格や、いろいろな仕事の実績があれば、
技術がほしい外資系企業はいろいろありますから、
自分の持っている能力や技術を生かせる外資系企業を探してみましょう。


土木・設備・建築系のしっかりとした実績や資格があり、
語学力に長けた方は、どちらかといえば、少ないかもしれませんから、
逆に、語学力がしっかりあり、スタッフとココミュニケーションをしっかり取れる方であれば、
他業種よりも、外資系企業への転職は容易だといえましょう。


外資系転職紹介会社のHPでどのような案件があるか
無料でチェックできるところもありますから、
いろいろなサイトを覗いてみましょう。


メールなどで事前に問い合わせができる所とか、
対応のよさそうなところを選んで登録するといいでしょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 11:24 | TrackBack(0) | 建築転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

外資系転職、女性も増えている転職成功

外資系企業への転職と聞くと、
やはり男性が多いイメージが強いものですが、
この頃は結婚や出産後も職場に復帰する女性が多くなり、
多くの外資系企業でも女性が活躍するようになりました。


外資系企業への転職も女性にとって有利な時代と言われています。


外資系企業では実績主義、実力主義ですので、
実績をあげることができれば、
若くても女性も高収入を得ることは可能です。


以前では女性は管理職などの重要なポストでの活躍は少なかったものですが、
この頃はできる女性の活躍が目立つようになりました。



外資系企業では若くても男性でも女性でも平等です。


実績を上げることが出来る方に有利な世界ですので、
自分に自信があり、
スキルアップを望む場合は外資系企業への転職を検討してみるといいでしょう。


女性のための外資系企業転職紹介会社も増えていますので、
いろいろとチェックしてみましょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 23:04 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。