2011年09月01日

外資系転職 セクレタリーで活躍

外資系企業ではセクレタリーを希望して転職する方も多いと言われています。


セクレタリーとは秘書のことで、
特に外資系企業では重要な職種といえます。


特にトップクラスやエグゼクティブのセクレタリーはとても重要な役目の仕事です。


重要な役職につき、時間などをはじめ、様々な管理を行いますので、
スキルや実績、資格などによっては高収入を得ることも可能です。


そのため、求人数も多いものですが、
秘書を経験したことがある経験者や資格を持っている方であれば高収入も可能です。


また、スキルや実績に加えて、
管理能力や語学が堪能であることなど条件が多いのもセクレタリーですが、
エグゼクティブの片腕として仕事をしますので、
正社員ではなく契約社員であってもかなりの高収入を得ることができるといえるでしょう。


セクレタリーの仕事はレベルに応じて様々です。


まずは派遣社員として契約し、
実績を上げてから正社員として働くという方法もありでしょう。


外資系企業転職紹介会社によってはセクレタリーを専門で扱っているところもありますので、
セクレタリーに興味がある場合はチェックしてみるといいでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:47 | TrackBack(0) | 事務転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系転職でスキルアップ

外資系企業は国内に多数存在します。


実際に外資系企業への転職を成功させてトップクラスや報酬がアップした方も存在します。


また、年収1000万円以上とかなりの高収入を得ている方も多く、
外資系企業への転職を成功させてバラ色の人生を送っている方も少なくないといえるでしょう。


そういった情報は外資系企業転職紹介会社などで成功者の声などとして、
掲載されている場合もありますので、
転職を成功させて活躍している方の情報を得てみましょう。


例えば、不動産関連の外資系企業への転職を希望する場合、
条件として不動産やプライベートエクイティ、銀行、証券会社において5年以上の関連業務経験や、
不動産投資事業において3〜5年以上の経験に加えて、
日本の不動産市場と金融市場の知識などが必要とされるようです。


そして、もちろん語学力が高いことも必須条件です。


年収1000万円以上の職種として、
職種 投資戦略の企画立案業務やAcquisition Associate/Manager、
年収1100万円以上ともなると、
アクイジションやProject Manager、
そして、1200万円以上では、
アセットマネジャーやTenant Representative、
年収1500万円以上では財務戦略コンサルタントやAcquisitions Associate、
さらにはTop Facilities & Leasing Director roleでは年収2000万円 ~ 2500万円です。


これらはほんの一例ですので、
さらに高収入を得たい方はいろいろと調べてみるといいでしょう。


また、外資系企業では能力アップにも力を入れていますので、
自分次第でスキルアップも可能です。


スキルアップ、報酬アップを希望するならば外資系企業への転職を検討してみてもいいでしょう。

放射能測定器 ガイガーカウンター比較 恋愛成就するペアグッズ を通販で探してる? プラダ PRADAの通販比較口コミ
posted by 外資系転職〜情報サイト at 13:46 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。