2011年09月29日

外資系企業の人間関係とは

仕事上での人間関係で悩む方は少なくありません。


そう言った人間関係の悩みに振り回されることなく自分の実力がどこまで通用するかを試してみたい方は、
外資系企業への転職を検討するといいでしょう。


外資系企業では、仕事は仕事、プライベートはプライベートとはっきりわかれますので、
仕事が終わったあとの付き合いをする方は少なく、
社員同士はもちろん、上司や部下との付き合いもさっぱりしています。


仕事で疲れているのにその後付き合いで飲み会などが行われるのは国内の企業独特のもので、
外資系企業ではほとんどそういったことはありません。

仲の良い人同士のつきあいはありますが、
例えば、引越しの際には引越しの手伝いを手伝うなどの付き合いはありません。


職場でのすっきりした人間関係を希望する場合は、
外資系企業がおすすめです。


国内の企業の様な人間関係に慣れている場合、
最初は少し冷たいかも・・・と感じる事があるかもしれませんが、
あっさりしていて逆に気が楽かもしれません。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 12:30 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

外資系企業と国内企業の違い

外資系企業とは実力主義、実績主義ですので、
実績を上げることができなければ、
すぐにリストラされてしまうというイメージを持っている方も多いことでしょう。


そういった外資系企業もあるようですが、
実際はすぐにリストラされるということはありません。


そして、外資系企業への転職には英語が必要不可欠というイメージが強いものですが、
英語を必要としない外資系企業も存在します。


とはいえ、まったく英語が話せないとなると、
やはり将来的にトップクラスでの活躍を目指す方には、
少々厳しい場合がありますので、
入社後でも少しずつ英語力を上げていくようにしましょう。


そして、外資系企業と国内の企業との違いは、
仕事は仕事、プライベートはプライベートとはっきり分けることができる点です。


国内の企業では仕事が終わった後に付き合いをする場合もありますが、
外資系企業ではほとんどそういう事がありません。


時間が過ぎれば自分の時間を持つことができますので、
仕事が終わっても付き合いをしないといけないことが嫌な方は、
外資系企業がむいているといえます。


とはいえ、外資系企業全てがそうであるとは限りません。


転職先の外資系企業はどういった風習などがあるのかなど、
色々とチェックしてみるといいでしょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 20:23 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業への転職が多い理由

外資系企業への転職を考える方は増えていると言われています。


その理由として、若くてもトップクラスで活躍することができる、
男性、女性を問わず活躍することができるためです。


国内の企業の場合は、年齢が若い方がトップクラスで活躍している場合はほとんどないといえます。


また、この頃は国内の企業でも徐々に女性も幹部クラスで活躍するようになりましたが、
女性が幹部クラスまで昇進することはほとんどありませんでした。


外資系企業では実力主義、実績主義なため、
実力があり実績を上げることができれば、
若くても女性であっても活躍することは可能です。


そして実績=報酬につながりますので、
モチベーションアップにもつながるのです。


さらに、年収や報酬が高いだけでなく、
株を所有している海外の風習などが生きていますので、
長期休暇を取得することも可能です。


そのため、外資系企業は国内の企業に比べて、
優雅な生活を送ることができるといえるでしょう。

自分の実力がどの程度通用するか試してみたい方は、
外資系企業への転職を検討するといいでしょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 17:23 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。