2011年09月30日

外資系転職 技術系で年収1000万円以上!

転職で高収入を得たい場合、
やはり外資系企業への転職が一番の近道といえます。


外資系企業では実力主義ですので、
スキルがあり実績をあげることができれば、
高収入を得ることも難しくありません。


そして、技術を持っている方であれば、
外資系企業の専門職でエグゼクティブ待遇やトップクラスでの活躍も夢ではありません。


そして、プロフェッショナルとして迎えてもらうためには、
あなたがもっている技術をしっかりアピールすることが大切です。


技術系の外資系企業の高収入例として、


◆開発エンジニア/マネジャー  報酬 800万円〜1200万円 
◆エンジニアリングマネージャー  報酬 900万円〜1200万円
◆シニア設計エンジニア  報酬1000万円〜
◆Meter Systems Engineer (T&D)  報酬  1000万円=1400万円
◆Unix Kernel Developer / Cutting Edge Technologies  報酬 800万円〜1400万円
◆バイオテクノロジー事業部 マネージャー  1000万円〜1500万円
◆【外資系自動車部品:欧州系コンバーチブルルーフシステムの開発・製造】 品質保証マネージャー  報酬 1000万円〜
◆Work with Global Technology Leader  報酬 1000万円〜1200万円


などです。

外資系企業の技術系の場合は、
実績やスキルはもちろん、
やる気などをアピールすることができれば、
高収入を得ることも夢ではないといえるでしょう。


posted by 外資系転職〜情報サイト at 21:11 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系転職 TOEICの点数は重要

この頃は大学の教育課程にTOEICに力を入れているところも多くなりました。


英語力に自信があり、
TOEICでも高い得点を得ている方は、
外資系企業への転職を検討し、
高収入を目指してもいいでしょう。


この頃は国内の企業でも海外の仕事を念頭に置いて、
社内の公用語を英語にするところや、
新卒の採用にTOEICで750点以上のスキルがある方が条件にあげられることが多くなりました。


今後はコミュニケーション能力に流暢に英語を話すことも求めれるようになり、
より高収入を得るためには英語はもちろん、
他の国の語学力に加えて専門の知識が必要になるといえるでしょう。


外資系企業で必要とされる語学力は、
専門の職種で必要となる専門用語を英語で説明できるかどうかといえます。


外資系企業転職紹介会社が紹介している転職先では、
TOEICの点数が高ければ高いほど、
高収入の転職先を見つけることができるだけでなく、
交渉する際も有利といえます。


また、外資系企業転職紹介会社を利用する際は、
求人情報が多いだけでなく、
サポートも充実しているところがオススメです。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 19:10 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外資系企業と語学力

外資系企業への転職を成功させるには、
やはり高い語学力が求められます。


もちろん、語学力を必要としない外資系企業も存在します。


とはいえ、トップクラスでの活躍を希望する場合や、
報酬アップ、スキルアップを目指す場合は語学力を高めておくといいでしょう。


外資系企業への転職時から語学力が高ければ一番ですが、
そうでない場合でも仕事をしながら勉強することができますので問題ありません。


外資系企業へ仕事をするために入社するわけですから、
英語ができなければ仕事ができないというわけではありません。


英語ができれば外資系企業の株主の国への出張などの参加も可能ですから、
楽しみが増えるかもしれません。


また、語学力を高めるといってもどの程度高くすればいいのかというと、
TOEICの800から900点程度は必要です。


ビジネスの英語として800点だいは基本といえ、
会議の議論についていくためにはさらに英語力をアップさせる必要があります。


この頃はビジネス英語を学ぶ事ができる教材も多くなっていますので、
外資系企業で仕事をしながら英語を勉強するといいでしょう。
posted by 外資系転職〜情報サイト at 18:58 | TrackBack(0) | 外資転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。