2012年10月25日

外資系 技術転職 〜 グローバル化 その現状〜

外資系技術職の 転職の現状

今や グローバル市場において
付加価値が高い製品・独創的なアイデアなど より良きものというサービスの開発
求められています。


国内企業の空洞化が叫ばれている今日、
企業はエンジニアの求人対象を日本人に限定せず
中国、インド、韓国、ベトナムなど どんどん海外人材も取り込む動きになっています。

日本企業も 外資系企業もです。

技術系人材もグローバル市場で競争にさらされています。

特に 外資系企業は中途採用者の即戦力を求められます。
その最たるものが
エレクトロニクス(電気・電子系)技術者です。

電機メーカーだけでなく
自動車や医療機器メーカーなどの
異業種でもニーズが高く 化学系の求人ニーズも高くなっています。

さらにSNSのソーシャルメディア
そして クラウドコンピューティングなどによる
加速化する 進展に対応する IT・Webエンジニアも慢性的に不足しており、
メーカーを問わず幅広い業種に求人があります。


マネジメントレベルでも技術のわかる経営者は不足しており
CEO,CTO,CIOなどシニアマネジメント層から
組織の中核を担う層までテクノロジーと経営の双方の経験を積んだ経営人材は少ないのが現状です。


外資系企業ではさらにビジネスレベルの英語力が要求されるのでますます的確な
技術系経営人材は枯渇しているのが実態ですので
逆にいうと そこにチャンスがあります。


つまり、グローバルレベルでの技術革新の進展は
技術者にとっては 実や 自分を活かせる職種・職場をを選べるという
チャンスだと 考えていきましょう。

特に技術者は日進月歩のテクノロジーの発展に対応すべく
常に自分の技術キャリアを 磨き
最新の先端技術を身に付けて付加価値を高めておきましょう。


自分の強みを 客観的に 見つめながら
技術レベルをアップして 転職をしていきましょう。




posted by 外資系転職〜情報サイト at 06:03 | TrackBack(0) | 外資技術転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。